• TOP
  • 審美歯科/ホワイトニング

aesthetic dentistry審美歯科で、
今よりもっと輝く笑顔を

審美歯科で、今よりもっと輝く笑顔を

「歯を白くしたら自信がついて、性格まで明るくなった」歯医者をしていると、そんな患者様にたくさん出会うことができます。たとえば治療痕の銀歯が気になって、人前で口を開けたくない。歯の黄ばみが気になって笑えない。そんなお悩みを、審美歯科で解消しませんか?

東口さざんか歯科は土日診療にも対応しており、お忙しい方でも通いやすい歯医者です。「通いやすいな、通いたいな」と思っていただける環境を整えておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

審美歯科とは?

審美歯科とは?

「歯を白くしたい」というように、見た目の美しさを得るために行う治療のことを審美歯科治療と言います。以前は俳優やモデルの方が受けるもの、といったイメージがありましたが、今では広く浸透して審美歯科治療を受ける方が増えています。

特に保険診療で奥歯の虫歯を治療すると金属の詰め物、被せ物が使用されます。いわゆる「銀歯」ですが、この見た目がずっと気になっていて……と相談に来られる方は多いです。金属アレルギーの心配もありますし、やはり見た目のコンプレックスを抱えて生活するのはツライもの。審美歯科で銀歯をセラミック素材に置き換えることにより、自然な見た目を取り戻し、また機能性を高めることもできます。

審美歯科メニュー

東川口さざんか歯科では、以下のような審美歯科治療を行っております。

オールセラミック

オールセラミック

セラミック素材だけを使用した詰め物や被せ物を使って治療します。セラミックの魅力と言えば、やはり天然歯に近い色調と透過性。自然な見た目を得ることができます。

ラミネートべニア

ラミネートべニア

歯の表面を少しだけ削って、ごく薄いセラミックの板を張り付けます。これによって歯の色をキレイにすることができ、また軽度の不正咬合の治療も可能です。

ファイバーコア

ファイバーコア

被せ物を支える土台に、ガラス繊維強化樹脂を使用。強度はもちろん、審美性にも優れています。

歯のホワイトニングについて

歯のホワイトニングについて

飲食や加齢によって歯の内側から黄ばみが進行します。こうした着色は歯磨きでは改善できません。そこで歯を白くする方法として近年多くの方に選ばれているのがホワイトニングです。

ホワイトニングでは体にやさしい薬剤を使って、歯を削らずに白くすることができます。

2種類のホワイトニングに対応しています

当院では歯科医院で施術する「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行っていただく「ホームホワイトニング」の2種類に対応しています。方法によって効果の表れ方などが異なりますので、患者様のライフスタイルやご希望に合ったものをご提案いたします。

保険診療と自費診療の違いについて

日本の公的健康保険制度では、適用範囲があくまでも治療目的のものだけに限られ、治療法や使用する素材には制限があります。そのため、見た目の美しさを追求する審美歯科治療やホワイトニングは、すべて自費診療となります。

自費診療は治療法や使用する素材には制限がないため、幅広い選択肢の中から自身の希望に合うものを選ぶことができます。

保険診療と自費診療の被せ物はどのように違う?

素材 保険診療では一部前歯の治療を除き、金属素材の詰め物や被せ物を使用します。一方、自費診療ではセラミックをはじめとする様々な素材を使用することができ、見た目や機能性の追求が可能です。
精密さ 自費診療では、精度の高いオーダーメイドの詰め物・被せ物を選ぶことができます。

料金について

オフィスホワイトニング A上下1額10本ずつ  30,000円(税込33,000円)
B上顎のみ10本    20,000円(税込22,000円)
ホームホワイトニング(マウスピース込) 20,000円(税込22,000円)
デュアルホワイトニング(オフィスA、ホームの両方) 45,000円(税込49,500円)
治療後の再発を防ぐには予防が大切です。

予防歯科の詳細へ