• TOP
  • 一般歯科

general dentist安心して虫歯治療を受けられる環境を整えています

安心して虫歯治療を受けられる環境を整えています

歯が痛い……。しみるかも?そう感じたときは、すでに虫歯が進行しているサインかもしれません。こちらでは当院の虫歯治療や根管治療についてお伝えします。JR武蔵野線・埼玉スタジアム線「東川口駅」近くの歯医者「東川口さざんか歯科」では、患者様がリラックスできる空間をつくり、丁寧な対応で安心の虫歯治療を行っております。歯科医院が苦手な方も、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

虫歯の原因とは?

お口のなかの歯垢に潜む虫歯菌が出す「酸」によって歯が溶かされてしまう。これが虫歯の正体です。虫歯菌はお口の中の糖分をエサに増殖します。

放置すると危険です!

放置すると危険です!

虫歯は、放置しても自然に治ることはありません。初期の虫歯は白っぽく見えたり、黒っぽくなってきたりする程度ですが、進行すればどんどん歯の組織が虫歯菌に冒され、歯の中にある神経にまで至ることもあります。進行すればそれだけ痛みも大きくなりますし、治療方法が「抜歯のみ」となってしまう可能性もあります。そうなる前に、まずは虫歯にならないように予防を心がけましょう。そして万が一虫歯ができてしまっても初期段階で発見し、早めに処置することが大切です。

虫歯治療について!

虫歯治療について

虫歯治療の基本は「虫歯になっている部分を削って、詰め物や被せ物で補う」という方法です。そのため、虫歯が進行しているほど削る範囲が広くなり、歯へのダメージが大きくなります。しかし、一度削ってしまった歯は二度と元には戻りません。そこで当院では患者様ご自身の歯をできるだけ残していけるように、なるべく削る範囲を最小限に抑え、ダメージの少ない虫歯治療に努めています。

患者様の痛みへの不安も、できる限り和らげます。

「歯医者が怖い、苦手」という患者様にも、リラックスして治療を受けていただけるように、麻酔時に痛みを抑える工夫をするなど「できるだけ痛くない」治療を行っています。不安な気持ちがあればぜひ言葉にして、私たちに伝えてください。ご不安に寄り添いながら治療を進めてまいります。

根管治療とは?

根管治療とは?

歯の内部には神経や血管が通っている管(根管)があります。根管にまで虫歯が進行すると、以前は抜歯をするしかありませんでした。しかし現在では、根管治療を行うことで歯を進行した虫歯でも歯の根を残し、その上に人工歯を被せて歯の機能を回復させることができます

以下のような症状がある場合は、すでに虫歯菌が神経まで達しているかもしれません。
  • 何もしていない状態でも歯が痛む
  • 歯ぐきを押すと痛みがある
  • 冷たい物や甘い物がしみる
  • 物を噛むと痛みがある、など

根管治療では、虫歯に冒された部分を取り残すと再発を招くことがあります。慎重に進めるため少々期間を要しますが、当院では衛生管理を徹底し、再発防止につながる精度の高い治療に努めております。

ナイトガードについて

かみ合わせ歯ぎしりの改善について

かみ合わせ・歯ぎしりの改善についてもご相談をうけたまわっております。
当院ではナイトガードというマウスピースを用いて治療を行っています。
お気軽にご相談ください。3,000円(税別)~
診察時の状況によって異なりますが、保険対応が可能な場合もございます。

妊娠中の方も安心してご来院を。送迎にも対応しています。

妊娠中の方も安心してご来院を。送迎にも対応しています。

妊娠中はつわりで歯磨きが難しくなったり、ホルモンバランスが変化したりする影響で、虫歯や歯周病のリスクが高まります。そしてこうしたお口のトラブル、特に歯周病は早産・低体重出産のリスクを高めることもわかってきました。

歯科治療は安定期でなければ治療を受けることができず、大きなお腹を抱えての受診や、出産直後の通院も大変です。当院ではご自宅や駅からの送迎も行っておりますので、妊娠中の方も安心してご相談ください。

保険診療と自費診療の比較

当院では保険診療と自費診療、両方の歯科治療に対応しております。以下のように、それぞれ特徴が異なりますので、メリットやデメリット(注意点)をよく検討し、患者様に合った治療方法を一緒に考えていきましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

保険診療 自費診療
概要 公的健康保険が適用される治療。最低限の機能回復を目的としており、使用する素材や治療法に限りがあります。 すべての費用が自己負担となる治療です。素材や治療法の制限がないため、審美性や機能性を追求することができます。
審美性 様々な金属を含む合金で詰め物や被せものを作るため、審美性に優れているとは言えない。 セラミックなど審美性に優れた素材を使えるため、自然な仕上がりで、治療を受けたことが一目ではわからない事も。
耐久性 自費と比べるとやや劣るが、耐久性が悪いわけではない。 保険のものと比べると耐久性に優れたものをつくることができる。
健康面 様々な金属を含む合金を使用するため、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼします。金属アレルギーを引き起こすこともあります。 体に害となり得る合金などを極力使用せず、化学的に安定した材料で治療することができます。
治療費 健康保険が適用されるため経済的な負担を抑えられることが大きなメリット。 保険が適用されないため全額自己負担での治療となります。また、歯科医院により治療費が異なります。
治療後の再発を防ぐには予防が大切です。

予防歯科の詳細へ